折り紙で作る箸袋!鶴に感激?その簡単な折り方!

昨日、友人宅で夕食会があったんです。
参加者は、久しぶりに会う大学時代の悪友たち!

たまたま、遠くに住んで居る友人が、
近くまで来たので、という事で企画されたものです。

なんで友人宅かというと、その友人が企画した事と
料理が一番上手という事だからです。

確かに、学生時代から料理は上手かったですね。
それで、結婚も早かったんですが・・・

さて、その友人宅に行くと、準備万端整っていたのですが
ここで、私は驚きの中、感動していたのです

それは、みんなの席の前に、お箸がおいてあるのですが
そのお箸袋が鶴なんです!

という事で、今日は、その鶴の箸袋を折り紙で
作る方法をごしょうかいします。

実は私も、友人に教えてもらったのですけどね。
素敵なので、お客様を迎える時とかに
使ってみてください!


スポンサードリンク


折り方


      

  1. 折り紙を三角に切ります。
    この三角1枚で箸袋が1つ折れます。
  2. 1

  3. 三角折り紙を裏向きにおき、赤い線に青い線を
    合わせるように折って折り目をつけておきます。
  4. 2

  5. 今つけた折り目(赤い線)に青い線を合わせるように折ります。
  6. 3

  7. このようになりますので、これを裏返しにします。
  8. 4

  9. ★と★を合わせるように折ります。
  10. 5

  11. 半分から後ろ側に折ります。
  12. 6

  13. 写真のように矢印の方向に立ててゆきます。
  14. 7

  15. このようになったら点線部分で折って折り目をつけておきます。
  16. 8

  17. 今つけた折り目から内側へ割り込むように折ります。(中割り折り)
  18. 9

  19. 完成!
  20. 10

  21. このように箸を差し込みます。
  22. 11

色々な使い方?

和紙や千代紙で作れば、素敵な仕上がりになる事
間違いなしです。

お子さんのいるご家庭でしたら、子供さんを「箸袋作成係」
任命して作ってもらうのも楽しいですね。

「ぼくが作りました!」なんて会話で、お食事も
楽しくすすむことでしょう。

【折る時のポイント】

・両面折り紙などを使うと上品な感じに仕上がります。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ