Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/syutoshi/xn--q9j4c294kh0m183awhb.com/public_html/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
一所懸命歩く姿がかわいい!カルガモの親子を折り紙で | 簡単な折り紙であそぼ


一所懸命歩く姿がかわいい!カルガモの親子を折り紙で

「カルガモ」というと、親子で歩く姿を
思い出しますよね。親ガモの後を一生懸命
ついていく子ガモ達がとてもかわいいですね。

池から池へとお引越しする様子などを
テレビで見ることもありますね。

カルガモは、日本全国の水辺で1年中みる
ことができる鳥
です。寒さは少し苦手のようで、
冬の北海道にはあまりいないそうですよ。

親ガモの後に連なるかわいいカルガモの
親子を折り紙で折ってみましょう。


スポンサードリンク


折り方

  1. 色の面を表にし、中心から三角に折り目を
    つけましょう。さらに中心に向けて両側から
    折りましょう。
  2. karugamo_1

  3. 半分に折り上げましょう。
  4. karugamo_2

  5. しっかりと折り目をつけたら開きましょう。
  6. karugamo_3

  7. 三角に半分に折り上げましょう。
  8. karugamo_4

  9. 両側の折り目のところを目印に、点線の
    所から折り下げましょう。
  10. karugamo_5

  11. 縦に半分に折りましょう。
  12. karugamo_6

  13. 中心に向けて折りましょう。裏側も同じ
    ように折りましょう。折れたら向きを
    変えましょう。
  14. karugamo_7

  15. 首になる部分に折り目をつけましょう。
  16. karugamo_8

  17. 折り目のところからかぶせ折りにしましょう。
  18. karugamo_9

  19. かぶせ折りにしているところです。
  20. karugamo_10

  21. 頭になる部分も折り目をつけて、
    かぶせ折りにしましょう。
  22. karugamo_11

  23. 先端のくちばしになる部分を開いて点線の
    ように段折りにしましょう。
  24. karugamo_12

  25. 段折りの部分です。折れたら元に
    もどしましょう。
  26. karugamo_13

  27. 手前の羽根を点線のように折りましょう。
  28. karugamo_14

  29. 折り目がついたら袋の部分から開き、
    中割り折りにしましょう。裏側の羽根も同じ
    ように中割り折りにしましょう。
  30. karugamo_15

  31. 中心部分は点線のように折り目を2本
    入れておきましょう。
  32. karugamo_16

  33. 奥のところから中割り折りにし、手前の
    部分は外側に引き出して尾っぽを作りましょう。
  34. karugamo_17

  35. 形を整えて親ガモが出来上がりました。
  36. karugamo_18

  37. 子ガモは1/4の大きさで作ります。つなげたい
    数の子ガモを、親ガモの15まで折りましょう。
  38. karugamo_19

  39. 下の部分を開き、ポケットになっている
    部分に三角の部分を差し込みましょう。
  40. karugamo_20

  41. 差し込んだところです。
  42. karugamo_21

  43. 2羽がつながりました。
  44. karugamo_22

  45. つなげたい数を同じようにつなげましょう。
    最後の子ガモは、しっぽを16のように折りこみ
    ましょう。先端はを出さなくてよいです。
  46. karugamo_23

  47. 親ガモとつながりました。子ガモと高さを
    合わせるように、親ガモの下部を外側に折り曲げ
    ましょう。裏側も同じように折りましょう。
  48. karugamo_24

  49. かわいい親子ができあがりました。
  50. karugamo_25

折る時のコツ

シャープなラインを作るために、しっかりと
折り目をつけましょう。
また、中割り折り、
かぶせ折りは小さな子供には難しいので、
大人が手伝ってあげましょう。

子ガモはいくらでもつなげることができます。
カラフルな子ガモをいっぱい作って飾ると
とてもかわいいですよ。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ